FC2ブログ

    Proflie.

    sirokuma0922

    Author:sirokuma0922
    .
    猫が好き。
    機械とかも好き。
    楽器をちょこちょこ。
    法曹になれたらと思う。

    [mixi] [twitter]

    Calender.

    Texts.

    Coments.

    Types.

    Links.

     スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     お店のお客さんの話。 

    今日はキンドルやらiPadやらについて書こうとか思ってたけど、バイトから帰ってきて疲労MAXの身体では無理だと思うのでやめます。ていうか急に暑くなったからだか分かりませんが、今日といい昨日といい給料日前のくせに異常な数のお客さんが来店されたんですが何故なんでしょう。雨が降った木曜なんて暇すぎて大掃除始めちゃったんですが、その翌日の金曜は死ぬかと思いました。直喩で。

    俺の働いているお店はオープンカウンターなので、お客さんが話しかけてきたら、忙しくなければ基本的に話し相手になります。稀にこちらから話を振ることもありますけれど。なので厨房にいながらホールのほうにも意識飛ばしてなきゃいけないんですが、それですこし思ったことがあります。 「言葉が喋れる」 の境界線ってどこにあるんだろうと。いや外人のお客さんを見てて、ふと。

    大半の日本人って外国人に道を聞かれた時にアイキャントスピークイングリッシュとか何とか言ってジェスチャーで乗り切ろうとすると思うんですよ。いやそのこと自体が良いとか悪いとかいう気はさらさらないんですが、それを逆のパターンに置き換えると、対比も手伝ってか面白いなぁって思います。特にアメリカ人とか分かりやすいかも。昔、NHKか何かのテレビで日本語喋れますかってアメリカ人にインタビューしてたのを見ました。で、あの人たちはイエスイエス!サムラーイ!スシー!とか自信満々に答えてる。そのくせあとは全部英語で喋り捲ってたんですけど、この場合の日本語っていうのは言語としてというよりも、単語を介してのイメージをもってるからあなたが何者か知ってるよ、だから意思疎通できるよ的な意味合いに近い感じがします。

    思うに日本ってキャラ的に“サムライ”に結構依存してる。別にこれはサムライじゃなくてもエドだったりカブキだったりしてもいいんですが、それってちょっと違うんじゃないかと。だって元はといえば、狭い土地の中を藩とか国とかで争ってた人たちが、急に国際的な場にほいって放り出されたときに、とりあえず“日本”をまとめるものはないかって採用されたものですよ。何だかんだ百年も経ったんだから、いい加減もうそこにしがみつかなくていいんじゃないかって思う。むしろそんな経緯だから、外的に貼られたイメージのほうが勝手に一人歩きしちゃってる気がします。ブシドーなんつって。

    だから外国の人と話すと案外びっくりする。着物がデフォルトだってガチで信じてた人とか本当にいます。俺達で置き換えるならアメリカに現役のカウボーイがいるみたいな感じですか。頭弱い感じがしますね。でも逆に日本に侍がいると思ってたって聞いても別にこいつ変だなとは思わない。不思議。

    「言語が喋れる」 ことっていうのは、自分が誰かって分かってるかどうかだと思うんですがどうでしょう。自身がどんな存在か自覚できていれば、相対的な位置を推測なり何なりして相手のことも理解できるんじゃないか。そこから言語が喋れるって断言する自信が生まれるっていうか、相手が何者かわかるんじゃないかっていう。例えば、もし何か神道に属していてお神酒の概念を理解していたりしたら、向こうの人がワインに対して持っている概念とかも存外するっと理解できると思うんですよ。

    話があっちこっち行きましたけど、要するによく分からないものを得意げに振り回すのはやめませんかって思います。振り回すんだったらちゃんと説明書を読んで理解してからにしないと何より危ない。これだけ周りからブシドーブシドー騒がれてて、むしろ自分たちでもブシドーブシドー盛り上がってるのに、いざ外国の人から説明してくれって言われると大部分の人ってあうあうしちゃうと思うんですよ。この場合の道具は日本語だろうと英語だろうとどっちでも構わないんですが。で、説明ができないんだったら出来ないって言えばいいのに、語るもんじゃねえ感じるもんだとか言いつつハリウッドで作られた映画、それこそラストサムライなんか見て号泣してお茶を濁してる人も多いと思います。なんだかなぁって思います。

    古い伝統見つけてきてこれが日本人だ!って型を探す労力や、その伝統を実践する労力って結構馬鹿にならない。ていうか労力って言っちゃってる時点で自己発心のものじゃない気がします。そんなことしなくてもいい。どれだけ西洋染みた生活をしようと俺達が日本人であることに変わりないじゃないですか。そこらへん坂口安吾だったかがどうだのこうだの喋ってた気がしますが、それこそ日本人が洋服っていうファンクションに出会うのが千年ほど遅かったってだけのオチでもいいと思うんだけどなぁ。

    もう絶滅しちゃってるものを理解するのは難しいんじゃあないのって思います。理解したと思ってもそれを証明する手段もないし。鴎外先生ですら説明しながら、最終的には察しろよ馬鹿って結論に切り替えちゃったレベルの代物なんですから。

    某公園よりの道。 | HOME | とは言ってみたものの。

    COMMENT

    疲労MAXにしては長文ですね^^
    2010/05/23(日) 22:17:26 | URL | nobody #- [Edit]
    長文ですね・・・馬鹿だろ俺・・・。
    2010/05/23(日) 23:07:53 | URL | sirokuma #mB.BT9Ic [Edit]
    武士道たら新渡戸先生ですね
    2010/05/27(木) 20:51:19 | URL | nobody #- [Edit]
    「武士道」ですね。
    浅学で情けないんですが、読んだことはないです(・・`)
    せっかくなのでこの機会に読んでみます。
    2010/05/28(金) 15:32:37 | URL | sirokuma #mB.BT9Ic [Edit]

    COMMENT FORM


    TO SECRET
     

    TRACKBACK URL to this Entry

    TRACKBACK to this Entry

    | HOME |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。