Proflie.

    sirokuma0922

    Author:sirokuma0922
    .
    猫が好き。
    機械とかも好き。
    楽器をちょこちょこ。
    法曹になれたらと思う。

    [mixi] [twitter]

    Calender.

    Texts.

    Coments.

    Types.

    Links.

     スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     コンテンツに関して思った二つのこと。 

     G.A.W. - [そのた長文]寺ズッキュン! 俺ズコー!

    この人はおいしそうだなと思ったネタにすぐに飛びかかり、食い散らかして進んでいく。すげえなぁおそろしいなぁとその勢いに呆気に取られるけど、ふと通った道を見てみると、食いかけがものすごい量落ちてる。しかもうまそうなトコだけしか食ってない。今回もそんな感じ。とはいってもまだまだ食えるトコがあるので、すこしもらおうかなと思った。


     でも、なんだろうなあ、ここまで文章重ねてなお表現できない違和感ってのは。萌え仏像いいけど、これ拝んじゃったらだめでしょって気がする。だって、人が作ったフィギュアをお寺の住職さんが拝むことによって、ここでは「仏像」たりうる力を与えてるっていうことになる。これ、寺そのものが「拝んでなんかする」っていうシステムでしかありませんよーっていうことの自己表明じゃないですか。あるいはこうもいえる。仏像が本来は「どこかに存在する人智を超えたもの」の力を内包した像だとしますよね。でもここでは「拝む」という行為によって、フィギュアが仏像化するっていう現象が起きてる。そしてそのカラクリそのものは万人の前にあきらかです。



    “仏像を拝むのは許される気がするけど、フィギュアを仏像として拝んじゃダメな気がする。”
    つまり 『鰯の頭も信心から』 を、寺屋が言っていいのかという話。

    思うに、これは寺というか、仏教に裏切られているのと同じようなものだからではないだろうか。仏像ではなくフィギュアを拝む。建前の話でも、それによって御利益があるということになってしまったら、それは順序が違う。最初に形のない、すがる対象足りえる存在があり、それを信心しやすいよう視覚化したものが仏像であって、聖職者が仏像を拝むのは仏や神様に対して正しいアプローチの仕方を知ってるから。ということになってるから。

    寺や神社で拝んだものが、どんなものでも信仰の対象になってしまうのなら、俺達は何をありがたがって拝んでいるのだろうかという疑問が湧く。もしそれが堂々と行われれば、仕組みとしては壷や印鑑とか掛け軸を高額で売りつけるのと変わりませんよと宣言されたも同じ。俺はアニミズムなのでここらへんは同一のものに見えて仕方がないんですが、新興宗教と仏教の違いってのはここにあるんじゃないの。それこそ 『 「なにか人智を超えたもの」 が背後に存在してる』 という前提が担保。

    たとえば新興宗教と仏教とで何が違うのってなったら、一番大事なポイントとなるのは歴史。もともと形もない目にも見えない、存在を確信するのが難しいものを流行らせようとするなら、それが信頼されてきた時間の長さを証拠、あるいは担保として宣伝するしかない。加えて損がないのも大事。良くて得になる、悪くても得にならない程度で済ますことが出来なければ、もともと存在しないものに対価を払おうとはしない。ここらへんがわかれば、 「最初は拝むだけでいいですから」 というのもわかってくる。だから拝むだけで言いですからに、この壷を、というフレーズが着くのは、広め方としては間違ってる。商売のそれとしては合ってるけど、宗教のそれとしては間違ってる。

    じゃあ逆に歴史がまだ浅かったころはどうなのだろうか。

    場所を媒介として想像が発生する。そしてその想像にどれだけ辻褄を合わせられるかでコンテンツの寿命が決まる。ここでいうコンテンツは創造物全てを指す。宗教、漫画、小説、映画。販促の単体キャラクターなんかもそうなんじゃないかと思う。たとえばイエス・キリストなんか単体キャラクターの成功例だよね。この表現ちょうおこられそう。ただ辻褄あわせの数が多ければ多いほど伸びるのは寿命でしかない。コンテンツを楽しむ人間の絶対数を増やすためにはキャッチーなものでないといけない。この二つは縦と横のベクトルで表すことが出来る。つまり長く流行るものには膨大な説明書がセットになっていなければならない一方で、それはアバウトなつくりにもなっていなければならない。当然、曖昧なところは紛糾を呼ぶが、なにぶん説明書が曖昧なので、解釈の上手い意見が通る。通った意見は新しい事実として説明書に追加される。そしてこんな事実もあったのかと驚きを呼び、それが繰り返され、コンテンツとしての鮮度はいつまでも保たれる。自己完結のリピート。まぁ膨大かつ曖昧な説明書を作るなんて、ものすごい才能と努力がいると思うけど。

    でもその説明書を作る手間を面倒くせえってなって投げちゃったのが、最近流行ってるSNS形式のコンテンツ。あれは土壌だけ用意すれば、あとは勝手に自己完結を続ける。まだ現れてから数年しか経ってないけど、だから俺はこのSNS形式から、また新しい永久機関のコンテンツが出るんじゃないかとわくわくしてる。ようするに永遠に続くような社交場ってどんなんだろうと。

    閑話休題。

    数段落ほど余計な文章を挟んだけど、MK2さんの結論にはすこし違和感を覚える。というかなんか面倒になって投げた臭がする。


     ああそうか。ここまで書いてわかった。萌えコンテンツを導入した寺っていうのは、寺のパロディなんだ。寺のメタですわね。だとすると、そこに死者を管理したり、ご利益を与えてくれる「背後のなんか」の存在が入る余地はない。明白ですからね。

     とはいえ、実は逆に「お寺だからこれ成立した」っていう気分もちょっとあるんですよね。そっちについてはめんどくさいから考えないけど。過剰な違和感の演出っていう以外にも理由があって、その理由によって「お寺だからこそ寺ズッキュン成立した」っていう可能性。こっちはちょっと感覚でしかなくて、言語化の手がかりが見つからない。



    了法寺は元がお寺なら、それはメタにもパロにもならない。マックがウェンディーズの真似するようなもん。ちがうか。本職さんが本職でふざけたところで、それは文字通りふざけるなだ。全然関係ない畑の人間の真似をすることで初めて、メタやパロや皮肉になりえる。だから 『お寺だから成立した』 という後者のほうに理由があるはず。そして俺はこれを前者と全く逆の理由からだと考えたい。つまり 『萌えのパロディなんだ。萌えのメタ』 なわけで、 『そこに死者を管理したり、ご利益を与えてくれる「背後のなんか」の存在以外が入る余地はない。』 と。マックが31の真似してアイスフェアやりますよみたいなもん。ちなみにマック連呼してるけど好きなわけではない。年に5回くらいしか行かない。

    寺は死者を正当な形で弔わなければいけないという前提がある。そこはたとえ冗談であっても侵されてはいけない。これがスタート地点だというのが答えになるのではないだろうか。なぜならそのスタート地点があるのにも関わらず、寺や神社という本来侵されてはいけない領域が、いわゆるメタ的パロ的 “萌えコンテンツ” として消費されているから。今では半分当たり前みたいな節もあるけど、実際、相当に衝撃的なことのはず。神聖な領域をサブカルとして消費する。俺がこれを見たのはたしか小学二年だかのときに見たセーラームーンが初めてだったと思うけど、子供心ながらに、そういうことってしていいものなのかとびっくりした。たぶん人類史で初めての出来事ではないだろうか。だって神聖な領域であるがゆえに、こういうことが今まで起きえなかったわけでしょう。

    そして、今度はそのメタ的パロ的 “萌えコンテンツ” を、寺社がメタ的パロ的に再消費する。一見、原点に戻っただけのようにも思えるけど実は違う。これは回帰ではなくて、再包括。他には例を見ない形での、入れ子構造とも言える二重のメタファーがここに発生している。この入れ子的なメタ的パロ的コンテンツの構造によることで初めて、上手いこと 『侵してはいけない領域』 を避けて通っている。というか初めから通っていない。メタ化されたコンテンツの、さらにそのネタ元が 『侵してはいけない領域』 そのものだからだ。なぜこんなに都合良くいくのかといえば、これがネタ元に足し算をしていくタイプのメタ化パロ化の手法だから。もしこれが引き算式であったら、二回目は上手くいっていなかっただろうと思う。というかすごい批判を食らってそう・・・。

    というわけで了法寺が寺社として成り立ってる理由でした。冒頭に散々なこと書いてるけど、こうして見てみると俺自身もそうだな・・・。ていうか閑話休題の前四段落くらいは、思いついたことを言いたいだけの脱線だった。

    クマー。 | HOME | Gladiatersというゲーム。

    COMMENT

    COMMENT FORM


    TO SECRET
     

    TRACKBACK URL to this Entry

    TRACKBACK to this Entry

    | HOME |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。